ユーグレナの緑汁

この記事は、ユーグレナの緑汁についてまとめてあります。

 

 

青汁という枠組みのなかでは、ケールや大麦若葉とは毛色のちがう、新素材を使った「ユーグレナの緑汁」。

 

 

ユーグレナは、ミドリムシという藻の一種で、野菜にはない栄養素も多いんです。

 

 

野菜不足の補てんだけでなく、全般的に栄養補給がしたい
外食がちな現状でも、健康を維持したい
ユーグレナ(ミドリムシ)を使った健康食品に興味がある

 

 

そんな人は、ぜひこの先を読んでみてくださいね。

 

 

■ユーグレナの緑汁の3つの特徴
1.ユーグレナとクロレラ、厳選した大麦若葉と明日葉も配合
2.ユーグレナ独自成分でスッキリ爽快に
3.家族みんなで手軽に気軽に。アレンジレシピも豊富

 

 

1.ユーグレナとクロレラ、厳選した大麦若葉と明日葉も配合
青汁というと、栄養豊富な野菜として知られるケールや、飲みやすく食物繊維豊富な大麦若葉が使われているものが一般的。

 

 

ですが、この青汁のメインコンセプトは、ユーグレナ(ミドリムシ)です。

 

 

どうしてもムシと聞くと…食欲が減退しそうなものですが、藻の一種なのでご心配なく。

 

 

ユーグレナの緑汁1杯(1日目安量内)に、ユーグレナとクロレラが5億個ぎゅっと詰め込まれています。

 

 

さらに有機栽培の大麦若葉・明日葉も配合。

 

 

石垣産ユーグレナの味を活かしながら飲みやすい味にするため、大麦若葉と明日葉をブレンドしてあります。

 

 

産地はそれぞれ

 

 

大麦若葉(ニュージーランド産)
明日葉インドネシア産)

 

 

どちらも有機JAS認定を受け、特に大麦若葉は農業大国ニュージーランドの厳しい有機栽培の基準も満たしています。

 

 

インドネシア産の明日葉は、日本の八丈島の明日葉の株を未開墾地に持ち込んで育てたもの。

 

 

現地で加工し、上質な部分だけが「緑汁」用に選ばれています。

 

 

それぞれが青汁にもよく使われるほどの、栄養価の高い原材料たち。

 

 

1包に59種類もの栄養素がそろい、外食続きなどで栄養のかたよりが気になる人には心強い仕様です。

 

 

2.ユーグレナ独自成分でスッキリ爽快に
ユーグレナの独自成分に『パラミロン』というものがあります。

 

 

パラミロンは、キノコや酵母に多く含まれるβ-グルカンという多糖類の一種。

 

 

体の中で消化吸収はされず、食物繊維と同じようにはたらくと考えられています。

 

 

「なかなか日頃、スッキリしない」
「トイレとご無沙汰…」

 

 

そんな人にはぜひ注目してほしい成分ですね。

 

 

3.家族みんなで手軽に気軽に。アレンジも豊富
こういった健康食品は、「ちゃんと全部使いきれるのかな?」というのが気がかりという人も案外多いもの。

 

 

ユーグレナの緑汁は、子どもからお年寄りまで飲めるので家族で共有ができます。

 

 

溶けやすい粉末状なので、牛乳や豆乳で割ってみたり、コーンポタージュに入れてみたり、汎用性もバツグン。

 

 

おやつのホットケーキに。

 

 

はちみつと牛乳でスイーツ風なホットドリンクに。

 

 

今流行りのプロテインと混ぜて栄養強化に。

 

 

そんな使い方も楽しめまそうですね。

 

 

なお定期購入をすると、粉末を溶かすためのシェーカーとともにレシピブックも付いてきます。

 

 

■ユーグレナの緑汁の口コミを紹介
Amazonや楽天、Twitterなどで、ユーグレナの緑汁の口コミを集めてみました。

 

 

いい口コミ

 

 

ニオイは、手のり文鳥のヒナに与える餌のニオイがしますが、味は美味しいですね。乳製品と混ぜると飲みやすいですが、頑張って白湯で飲んでます。
飲みだした最初の頃は少し下痢気味になりましたが、すぐに慣れてその後は快調です。
持病の薬の副作用で便秘でしたが、半分くらい飲み続けた辺りから、少しお腹の調子が改善しました。
1週間も続けたら肌ツヤが目に見えて変わりました。
魚の栄養も取れる。栄養もすごいし吸収率もすごい!まさに夢の食材。
ここ数年朝食はユーグレナの緑汁だけでずいぶんと胃腸が調子いいです。
オレンジジュースで割ってみたのですが以外と美味しく飲みやすい緑汁でした

 

 

悪い口コミ

 

 

味が非常にまずく、青汁のほうが飲みやすいです。
飲み始めてちょうど2週間です。ほんとうに体に効いているのか、全く実感がありません。
青汁と比較して、飲んだ後に少し生臭さというかえぐ味が残ります
ニオイが青臭いというより、沼のようなニオイ…牛乳に混ぜるなどしましたが、私は駄目でした。
新ユウグレナの写真が載っていたのでお安いと思い購入しましたが、届いたらやっぱり旧のパッケイジでした
漢方薬とか青汁大好きな私ですが、ユーグレナは海藻味が強くて私は苦手かも

 

 

口コミに対する総評
ほかの青汁商品に比べると、『ニオイ』の系統がちがう、という声が多くありました。

 

 

例えばケールや大麦若葉は、例えるならば野菜を濃くしたニオイ・草のニオイです。

 

 

ユーグレナは藻の一種なので、「沼っぽい」「海藻っぽい」「ちょっと生臭さを感じる」という人が多かったですね。

 

 

味の好みは致し方ないですが、これも他の青汁と同じように牛乳やジュースで割ると飲みやすいという声もありました。

 

 

ユーグレナ独自成分のパラミロンと大麦若葉の食物繊維のためか、飲み始めにはお腹の調子が一時的にととのわなくなる人も。

 

 

また、最近パッケージがリニューアルしたことで、公式サイト以外の大手通販サイトで購入した場合に

 

 

「販売画面は新パッケージ表記だったのに旧パッケージの商品が届いた」

 

 

「同じメーカーの少し違う商品(ユーグレナの緑汁抹茶仕立て)が届いた」

 

 

といったトラブルが少々あるようですね。

 

 

ユーグレナの緑汁・抹茶仕立ては値段も違う商品なのに、差額分が戻ってこなく不満がある、という口コミもありました。

 

 

類似商品も多いようなので…詳しくは後述しますが、公式サイトで購入するのが間違いがなさそうです。

 

 

■ 成分・原材料を詳しく説明
ユーグレナの緑汁は、以下の主だった原材料からできています。

 

 

1.ユーグレナグラシリス(ミドリムシ)
2.クロレラ
3.有機大麦若葉
4.有機明日葉

 

 

それぞれを詳しく紹介していきます。

 

 

1.ユーグレナグラシリス(ミドリムシ)
ユーグレナは、ワカメや昆布と同じ藻類の生物。

 

 

緑汁に使われているのは、石垣島の恵まれた環境で育てられた国産のユーグレナです。

 

 

動物と植物両方の特徴をもっているめずらしい自然素材で、野菜や魚などに含まれるビタミン、ミネラル、アミノ酸、DHA、EPAなど59種類の栄養素を持っています。

 

 

現在、ユーグレナ(ミドリムシ)は100種類以上の種類が確認されています。

 

 

その中で、食用に適していて59種類の栄養素を持つ品種がユーグレナ『グラシリス』です。

 

 

ユーグレナに含まれる栄養素

 

 

ビタミン類

 

 

α-カロテン、β-カロテン、ビタミンB1、B2、B6、B12、C、D、E、K1、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸

 

 

ミネラル

 

 

マンガン、銅、鉄、亜鉛、カルシウム、マグネシウム、カリウム、リン、ナトリウム

 

 

アミノ酸

 

 

バリン、ロイシン、イソロイシン、アラニン、アルギニン、リジン、アスパラギン酸、グルタミン酸、プロリン、スレオニン、メチオニン、フェニルアラニン、ヒスチジン、チロシン、トリプトファン、グリシン、セリン、シスチン

 

 

不飽和脂肪酸

 

 

DHA、EPA、パルミトレイン酸、オレイン酸、リノール酸、リノレン酸、エイコサジエン酸、アラキドン酸、ドコサテトラエン酸
ドコサペンタエン酸、ジホモ-γ-リノレン酸<

 

 

その他

 

 

パラミロン、クロロフィル、ルテイン、ゼアキサンチン、GABA、スペルミジン、プトレッシン

 

 

青汁の素材として一般的なケールにも、さすがに魚に含まれているような栄養素は入っていません。

 

 

なので、ユーグレナの緑汁は「野菜不足解消」というニーズに加えて「魚不足も補いたい」という人に特に向いています。

 

 

また、野菜にはかたい「細胞壁」があり、これがジャマをして栄養素が効率よくとれない欠点があります。

 

 

ユーグレナは植物と動物両方の特徴があり、肉や魚といった動物細胞と同じように”細胞壁がありません”。

 

 

「植物よりも効率的に栄養が消化されやすい」、これが大きな利点です。

 

 

もうひとつは、ユーグレナの独自成分「パラミロン」の存在。

 

 

お腹のお悩みを持つ人にとってはうれしい成分です。

 

 

2.クロレラ
ユーグレナと同じように石垣島で生産されているクロレラは、みどり色をした淡水産の緑藻類の仲間。

 

 

約5億4千万年前から、ほぼ形を変えずに生きている原生生物です。

 

 

ユーグレナに引けを取らない栄養素の種類量(59種類以上、18種以上のアミノ酸)も魅力的。

 

 

健康な身体づくりに欠かせないタンパク質が約60%含まれていて、植物には珍しいほどの含有量なんです。

 

 

そのほかにも鉄分や葉酸、ビタミンB12、ビタミンD、葉緑素も含まれ、栄養バランスが気になる女性の強い味方です。

 

 

また、「味が苦くない、成分的に旨味とコクをあわせもつ」という特徴もあります。

 

 

青汁=おいしくない、だけど健康のためにグッとこらえる…というイメージが強いですよね。

 

 

あくまで緑汁のメインはユーグレナなのですが、クロレラのこの特徴によっていくぶん飲みやすい仕上がりになっています。

 

 

粉末を水で溶いたとき、表面に小さな黒い粒が浮いてくることがあります。

 

 

これはクロレラが固まって浮いているものなので、品質には問題ありません。

 

 

3.有機大麦若葉
大麦若葉とは、イネ科の植物である大麦の若い葉の部分のこと。

 

 

おもにSOD酵素をはじめ、ミネラル類やビタミン類を豊富に含んでいます。

 

 

青汁の原材料のひとつとしてもおなじみですよね。

 

 

大麦若葉に含まれている成分

 

 

SOD酵素、カルシウム、鉄、亜鉛、カリウム、マグネシウム、銅などのミネラル類、β-カロテン、ビタミン類(ビタミンB1、ビタミンCなど)、アミノ酸(トリプトファンやアラニンなど)、食物繊維、葉緑素

 

 

SOD酵素は、サビつきたくないと思っている人にはオススメの成分です。

 

 

食物繊維が豊富で、お腹のお悩みを持つ人に向いている大麦若葉。

 

 

味はほのかに甘く、青汁に加工してもお茶のようで飲みやすい仕上がりになります。

 

 

4.有機明日葉(あしたば)
明日葉は日本原産のセリ科の多年草。

 

 

「ほんのりとした苦味とクセ」「独特の香り」があり、茎や葉を切ると黄色い液が出ます。

 

 

伊豆諸島が最大の生産地で、房総半島や紀伊半島などの太平洋沿岸に自生している植物です。

 

 

「今日葉を取っても、明日にはまた芽が出るほど成長が早くよくしげる」というたとえが名前の由来。

 

 

その由来通りとても生命力が強く、江戸時代の書物にも「滋養強壮にいい薬草」として書かれているほどです。

 

 

救荒植物(日頃は食べないけれど有事の際には食料にする植物のこと)のひとつですが、最大生産地の伊豆諸島ではおひたしや天ぷらにしてよく食べられています。

 

 

近年では栄養成分にさまざまな効果・効用があることがわかってきて、健康維持のための野菜として注目されているんですよ。

 

 

明日葉に含まれている成分

 

 

ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、マンガン、βカロテン、レチノール、αトコフェロール、βトコフェロール、、γトコフェロール、ビタミンK、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、ビタミンB6、葉酸、パントテン酸、ビタミンC、食物繊維

 

 

春菊やモロヘイヤに並ぶほどのビタミンKを持ち、血圧の上昇を抑える効果のあるカリウムや、貧血予防によいとされる葉酸も含まれています。

 

 

ユーグレナの緑汁には体に害になる成分はないですが、ビタミンKがおおく含まれています。

 

 

併用できない薬もあるので注意が必要です。

 

 

■ユーグレナの緑汁の販売店や購入方法について
ユーグレナの緑汁はドラッグストアなどでは市販されていません。

 

 

公式サイトや、楽天・Amazon・ヤフーショッピングなどの通販サイトで購入できます。

 

 

メルカリでも取り扱いがあり、大体1,800円程度で販売されているようです。

 

 

■最安値で購入できるのは公式サイトの定期コース
ユーグレナの緑汁を販売している株式会社ユーグレナの公式ページから、定期購入すると4,082円(税込・送料込み)で購入することができます。

 

 

参考までに、他の大手通販サイトでの販売価格は以下の通りです。

 

 

Amazon
1,977円(税込・送料込み)
※3.5g×31本入りの表記

 

 

楽天市場
4,536円 (税込・送料500円)
※3.5g×31本入りの表記

 

 

ヤフーショッピング
4,536円 (税込・送料500円)
※5,400円以上購入で送料無料

 

 

公式サイトで単品購入した場合
4,536円(税込・送料500円)
※定期購入、または5,400円以上購入で送料無料

 

 

Amazonがとても安いように見えますが、少し注意したい点があります。

 

 

公式サイトで現在取り扱っている「ユーグレナの緑汁」は、1包が3.7gで、31本入りで1箱という仕様。

 

 

ですが、Amazonの購入画面では「3.5g×31包」と表記されています。

 

 

実際、Amazonのレビューでは

 

 

旧パッケージの商品だった
同社の似た商品(ユーグレナの緑汁抹茶仕立て)が届いた

 

 

などの口コミが数多く寄せられています。

 

 

少し前にパッケージがリニューアルされたのですが、その際にグラム数も今の114.7g(3.7g×31本入り)に変更になったのかもしれません。

 

 

楽天の方も1包3.5gという記載なので…購入には少し不安が残ります。

 

 

楽天市場とヤフーショッピングには、ユーグレナの公式支店があるので値段は均一です。

 

 

ただ、上記のような記載違いがあったり、類似商品の出品もおおいので、やはり公式ショップでの購入がおすすめです。

 

 

公式ショップで購入すると

 

 

1.間違いない正規品が届く
2.定期購入だとずっと10%オフ&送料無料
3.定期購入はいつでもやめられて、いつでも休止できる(回数しばり無し)

 

 

というメリットがあります。

 

 

回数しばりが無いので、定期購入をすれば最初からお得に買えて便利です。

 

 

ちなみに、定期購入の解約をしたい場合は、専用ダイアルへ電話をする必要があります。

 

 

休止や、配送間隔や個数を変更したい場合には、公式サイトのマイページ・メール・電話で手続きができます。

 

 

届く予定の10日前までに連絡しないと、発送の準備にとりかかってしまい受け付けてもらえません。

 

 

ギリギリにならないように、早めに連絡すれば心配ありませんね。

 

 

■Q&A
気になる点やよくある質問をまとめてみました。

 

 

緑汁を飲んではいけない人はいる?薬との飲み合わせはある?
乳幼児は飲まないよう、公式サイトで喚起しています。

 

 

アレルギーをもっている人
医師から食事制限の指示を受けている人
薬を服用中の人
妊娠・授乳中の人

 

 

は、体調に個人差があるので、かかりつけのお医者さんへ相談するのをおすすめします。

 

 

また緑汁は食品ですが、薬との飲み合わせを考慮する必要があります。

 

 

ユーグレナ(ミドリムシ)や大麦若葉にはビタミンKがたくさん含まれます。

 

 

特に「ワーファリン」を服薬している人は、お医者さんへ相談を必ずするようにしてください。

 

 

ワーファリンは、血液中でビタミンKが生成されるのをジャマして、血栓を作らせないようにして血液のサラサラ状態を保つお薬。

 

 

そしてビタミンKは血液を凝固させる作用をもつ成分。

 

 

作用がケンカしてしまい、薬の方の効果を打ち消してしまうんです。

 

 

アレルギー成分は入っている?
アレルギー物質27品目中の「ゼラチン」が含まれるので、ゼラチンアレルギーの人は飲めません。

 

 

それ以外にアレルギーを持っている人や、通院中の人、食事制限のある人、治療中の人はかかりつけの医師に相談してからが良いです。

 

 

体質や体調によっては体に合わない場合もあります。

 

 

異変や異常を感じた場合は、すぐに飲用を辞めましょう。

 

 

緑汁シリーズのそれぞれのちがいはなんですか?
現在公式サイトで販売されている緑汁シリーズの製品は3種類あります。

 

 

【ユーグレナの緑汁】

 

 

ブレンドしている成分:大麦若葉と明日葉

 

 

特徴:世界中より厳選された素材で飲みやすい口当たり
    粉末タイプ。料理への活用や好きな飲物で割るなど、使用方法のバリエーションが多い。

 

 

ユーグレナグラシリス配合量:1本あたり500mg(約5億個)。

 

 

通常価格:4,200円(税別) ※定期割引あり

 

 

【ユーグレナの緑汁 抹茶仕立て】

 

 

ブレンドしている成分:お茶3種と難消化性デキストリン

 

 

特徴:粉末タイプ。毎日のお食事のお供としても続けやすい。

 

 

ユーグレナグラシリス配合量:1本あたり300mg(約3億個)。

 

 

通常価格:3,300円(税別) ※定期割引あり

 

 

【ユーグレナの緑汁 粒タイプ】

 

 

ブレンドしている成分:フラクトオリゴ糖とアカシア食物繊維

 

 

特徴:粒状にし、においや味を気にせず飲める。

 

 

ユーグレナグラシリス配合量:1包あたり300mg(約3億個)。

 

 

通常価格:3,300円(税別) ※定期割引あり

 

 

イヌリンってなに?どうして配合されているの?
イヌリンは砂糖やでんぷんなどの糖類の仲間で、甘味料としても使われる成分。

 

 

ユーグレナは油分をもっているので、緑汁の粉末は固まりやすい特性があります。

 

 

イヌリンはそれを防ぎ粉末をサラサラにすると同時に、有効な成分でもあるので配合されています。

 

 

(ちなみに未開封であれば粉末が固まっていても品質に問題はないです。 軽くほぐして振ってからコップに入れましょう。)

 

 

人間の身体はイヌリンを分解する酵素を持っておらず、体内に吸収されることがありません。

 

 

なのでイヌリンは食物繊維に分類されていて、発酵分解されるとフラクトオリゴ糖に変化します。

 

 

オリゴ糖は腸内の善玉菌のエサとなり、お腹の調子を整えてくれる強い味方。

 

 

食物繊維と共に、より『スッキリ』を実感しやすくするために配合されています。

 

 

なぜ酵母エキスや香料が入っているの?
酵母エキスはうまみを加えるため、香料はユーグレナ特有の香りを生かしつつ、飲みやすくするためです。

 

 

どのくらい摂ると実感できる?
体調や個人差もありますが、公式サイトでは3か月から半年くらい毎日続けることをおすすめしています。

 

 

1日何杯、いつ飲んだらいいですか?
1日にスティック1〜3本が目安です。

 

 

薬ではなく食品なので、決められた飲用時間やタイミングはありません。

 

 

たとえば、

 

 

朝食と一緒に(一番多いのがこれ)
毎朝職場のデスクに座ったとき
ランチのとき
午後の休憩時間

 

 

などなど…

 

 

毎日、忘れず飲むことが大事なので、自分なりに時間を決めて飲んでいる人が多いですね。

 

 

「緑汁」のおすすめの摂りかたは?
緑汁のスティック1本あたり、100ml〜200mlのお水に溶かすのが基本です。

 

 

お好みで牛乳や野菜ジュースに混ぜる人も多いようです。

 

 

朝食時にヨーグルトにかけたり、スムージーに入れて朝の習慣にしているという人も。

 

 

公式サイト(ユーグレナ・オンライン)ではアレンジレシピを公開しています。

 

 

飽きやすいんだけど…飲み続けるコツは?
定期購入をしている人は

 

 

「朝起きてすぐ」「食後に」「仕事をはじめる前に」など飲むタイミングを決めている
「職場のデスクなど目につく場所に置いている」
毎日のお料理に加えている(みそ汁、スムージーなど)

 

 

など、自分なりの工夫をしている人が多いようです。

 

 

「緑汁」専用シェイカーはどこで買うの?
ユーグレナ・オンラインにて1個300円(税別)で販売されています。

 

 

スティックからそのまま飲んでも大丈夫?
粉のままでは、喉にはりついたりむせたりして危険です。

 

 

かならず水や牛乳などで溶かしてください。

 

 

熱を加えても大丈夫?
過度の加熱はおすすめしません(熱で栄養素がすくなからず失われてしまうので)

 

 

ただ製造工程で熱を加えて殺菌しているため、緑汁粉末にお湯を注いだり多少熱を加えても、大きな影響はありません。

 

 

色がいつもと違うのはなぜ?
ユーグレナは生き物なので、培養の時期によって多少色の濃さが異なる場合があります。

 

 

また、大麦若葉・明日葉も季節により色の濃さが異なる場合がありますが、特に品質に問題は無いです。

 

 

■まとめ
豊富な栄養素が満載の「ユーグレナの緑汁」。

 

 

植物ではないからこそ得られる栄養素(DHA・EPAなど)もおおいですし、その他の健康素材も魅力的です。

 

 

外食が多い、または野菜や魚が足りていないのが気になる
家族の栄養バランスが心配
溜まった感があってスッキリしない

 

 

そんなお悩みをもつ人におすすめの青汁です。

 

 

ぜひ、公式サイトの定期購入でお得に試してみてくださいね。